うんざりブログ

それぞれ-1/-1の修正を受ける。

wwwwww

 

 草が生えた。口元が綻ぶ。思わず笑みを浮かべずにはいられない。

 草が生えた。荒涼とした死の大地に、ほんのわずかではあるが、たしかに新しい生命が芽吹いた。実に三十余年ぶりのことだった。

 かつてこの惑星は豊かな生命に満ちていた。複雑な生態系の中であらゆる生命は他者と干渉しながら生きていたのだ。到底すべてを知ることはできないほどの多種多様な生物がこの世に誕生した。

 その一方で絶滅した種も数え切れないほどあった。かつて栄華を極めた種ですら、茫漠とした時間の中でその姿を消した。それは長い地球の歴史にすればわずか一瞬の煌めきに過ぎなかった。

 そして我々ホモ・サピエンスがおよそ二十万年あまり前に生命を受けた。アフリカ大陸を起源とする二足歩行の動物はやがてその支配域を全世界に広げ、生態系の王座に新たに君臨することになった。

 我々の紡いだ歴史は、やはりこれまでと同様に刹那に過ぎなかった。しかしそれがこの美しい惑星における最後のものになった。

 私が幼かった頃、すでに我々の世界は宇宙にまで広がっていた。先人たちが見上げていたばかりの青い空は、やがて暗闇として目の前に現れたのだ。草木の生い茂る大地や生命を育む海洋を遥か眼下に眺めながら、ついに我々は神の領域へと手を伸ばしていた。圧倒的な支配者たる人類にとって地球という惑星はいささか狭すぎたのだ。

 人類は他の惑星へと進出をはじめていた。地球の歴史上で最も支配的な生物となった我々の努力の結晶たる叡智を持ってすればテラフォーミングなど決して夢物語ではなかった。大国同士が競い合うように宇宙開発に乗り出し、自国の科学技術を互いに誇示した。

 宇宙にばかり目を向けた人類はだんだんと故郷への愛情を忘れていった。人々にとって地球はもはや唯一の存在ではなくなっていた。実際その頃には地球以外の惑星への移住計画が具体的に進められていた。そして他の惑星を巡る国家同士の争いは激しさを増していた。そうなれば我々の行き着くところは決まっていた。歴史は繰り返すのだ。

 かつてのそれとは比べ物にならないほどの激しい争いが行われた。他の惑星すら掌握するほどの科学技術による攻撃は、地球に住む生物をすべて死滅させることに何らの困難も持たなかった。こうして我らが青き惑星は、ある生物種の傲慢極まる振る舞いにより、その積み重ねてきたすべてを灰燼に帰すことになった。

 残されたのは地球外に脱出することができたわずかな人々だけだった。我々は他の惑星で生活することを決めた。もちろん地球上での生活よりずっと不便なものだった。

 しかしそんなことは故郷を失った悲しみに比べれば小さな問題だった。我々の想いはやはり母なる地球の元に有った。草木の生い茂る大地や生命を育む海洋が何よりも恋しかった。

 そして、草が生えた。己が手ですべてを壊してしまった星に新しい生命が芽吹いた。古き友人よ、君が最後に遺した言葉は正しかった。草は生えたのだ。

 草が生えた。これから気の遠くなるような時間をかけて、地球はかつての姿を取り戻すかもしれない。私はそれを見届けることはできないだろう。それでもその可能性の小さな萌芽を確認できただけで十分すぎるくらい幸福なことに違いない。

 いつの日かきっと、あの素晴らしい惑星の遺伝子を受け継いだ私たちホモ・サピエンスの子孫が、再び地球の大地を踏みしめることだろう。そこでとびきりの笑顔の花を咲かせることを信じている。

チンポテト

 

「チンポテト」
 目の前のテーブルの上には奢侈な料理がところ狭しと並べられている。その官能的な光景に舞い上がった私は、大皿に山盛りの細長くカットされたジャガイモのフライを手に取ると、小さな容器に用意されたケチャップとマヨネーズの間を泳がせるようにして、何となくその言葉を口にした。
 その造語の意味は実のところ私自身にもよくわかっていなかった。チンポとは男性器の俗語であり、ポテトはジャガイモのことだ。ここではもちろん卓上のフライドポテトについて述べている。男性器とナス科の植物の合成は何を意味しているのだろうか。
 インターネット上のやり取りでは『チンコ』のような男性器の呼称が『男性』そのものを指し示すことがある。そのことを踏まえれば『チンポテト』は『オスのジャガイモ』というように解釈できるかもしれない。しかし残念ながらジャガイモは雌雄同株の植物種でありオスとメスの区別はなかった。
 そしてその言葉の持つ意味がいかなるものであれ、この瞬間において口に出すことの意義についてはもはや迷宮入りであった。だから『チンポテト』は、発生に伴った口腔内での空気の破裂を引き起こし、その心地の良い振動の余韻を残すだけでよかった。あとは中空をあてもなく漂い、周囲の喧騒に掻き消えてしまうはずだったのだ。
 しかし一人の友人が私にこう言った。
「やはり君の言葉には含蓄があるね」
 この時の私はきっと初めて男と手を繋ぐおぼこのように紅潮していたに違いない。一瞬にして大量のノルアドレナリンが分泌され交感神経が多分に刺激されていた。全身が熱を帯び、早鐘のように鳴る心臓の鼓動は身体の内側で痛いくらいに響いていた。気がつけば友人の言葉に釣られて他の者たちもこちらを見つめ、そうだそうだ、と賛同の言葉を口にしており、まさに私は天国から地獄、絶望の直滑降を味わっていた。
 チンポテトの含みとは。脊髄反射で生じた言葉に意味なんてあるわけないじゃないか!声には出さずに何度か繰り返してみても、頭蓋骨の中の伽藍洞でやはり虚しく反響するだけだった。
 私はただその場当たり的で低俗な雰囲気を楽しみたかっただけだった。壮齢の男が猥雑に言葉を消費していく。まるで一切の教養を持たないかのように粗野な振る舞いをしていく。それはこれまで整然と積み上げてきた人生に小便を引っ掛け、再び野蛮な自然へと連れ出す行為であり、純然たる生の追体験であった。
 いいや、これも違う。正しくない。理屈をこね回す必要なんてどこにもない。事はもっともっと単純で明快だった。ただただ馬鹿馬鹿しい下らなさだけが必要だった。私は、まさにあの瞬間チンポテトを言いたかった、それだけなのだ。だから理由などを追い求めても永遠に見つかるはずなどなかった。
 チンポテトこそが過程であり手段であり目的でもあった。それが全てだったのだ。だから他の誰が笑う必要もなかった。笑わせるつもりなどなかった。ユーモアの欠落こそが最大のユーモアであり、その行為は無意味であるがゆえに最高の芸術となりえたはずだった。
 しかし私の言葉には意味が見出されてしまった。その言葉を通じて私自身にも、はたまた私自身を通じてその言葉にも、不要なイデオロギーが付加されてしまっていた。それはもちろん彼らと私との関係性の積み重ねによるところが大きいのだろう。たしかに平生の私はああだこうだと小難しい理屈を述べていた。彼らはチンポテトの背後に普段の私の幻影を見ていたということだ。
 もはや私と彼ら、そしてチンポテトの関係性は定義されてしまった。チンポテトでなく同様の言葉だとしても同じ結果が待っているだろう。私には馬鹿馬鹿しさを謳歌する権利など与えられていなかったのだ。
 テーブルの料理はほとんど片づけられていた。大皿に盛られたポテトはまだ残されていて、すっかり冷え切ったために、萎びてしまっていた。私と言えば、定期的にそれをつまんでは口に運ぶだけで、友人たちの会話に積極的に参加することもせず、ほとんど押し黙っていつまでも小さく震えていた。

寒さ

 

「テレビのニュースなどでは連日『二十年に一度』と報道されていたような気がする。大きな寒波に見舞われた年だった。たしかに現在に至るまであの時よりも寒い冬はまだ来ていない。
 しかも、まさにその冬一番の積雪を記録した、そんな日に、私はとぼとぼと一人で帰り道を歩いていた。お昼過ぎだというのに空は薄暗かった。分厚い雲が太陽を完全に隠していたからだ。
 だから辺りに人の気配はなかった。こんな寒空の下にいるのは、幾度目かの別れ話の果てに彼氏の家から飛び出してきた女子大生くらいだった。かろうじて冬の装いをしてはいたものの、この寒さでは無防備も同然だった。
 おまけに捨て鉢な気分だった。わずかに残っている足跡を追うこともせずに、深く積もった雪を踏み抜くようにして歩いた。ブーツ越しに伝わる冷たさが、痺れた指先をくすぐるように、チクチクと刺した。身体に吹きつける大粒の雪は、溶けることもなくそのまま凍りついて、ベージュのコートを白く飾った。私は泣いていた。
 呼吸が乱れているのは、ときどき大きなしゃくりをあげていたからだろうか、それとも体験したことのないほどの寒さのためだろうか。滲む視界と同じように、頭の中もぐちゃぐちゃに混乱していた。何かを考えることが怖くて、だからこの身を刺すように冷えきった空気が却って心地よかったのだ。私に必要なのはなにか別の苦痛だった。
 このまま死んでしまうのであればそれでもいいと思った。長く同じ時間を過ごしてきた相手を失った者は、半身を失っているも同然ではないだろうか。二人の間でのみ構築された思い出は二度と共有されることはなく、やがて永遠に失われてしまう。それが私という人間の多くを占めていたのであれば、私にはやはりポッカリと大きな穴が開いているに違いない。ともかく私は絶望に立たされていたのだ」
 ここまで書いて思わず笑いが込み上げてしまった。若き頃の自分というものはかくも恥ずべきほどに、そして羨ましいほどに乙女であったのか。その純真を一体どこに置き忘れてきたと言うのだろう。当時の感情を記憶として思い出すことはできるけれど、それは色褪せていて全く鮮度を失ってしまっている。
 時間はすべてを、残酷なまでに、解決してしまう。人生を変えてしまうような鮮烈な記憶でさえも、たとえその歩みは遅くとも、確実に風化させていく。きっと私たちがすべてを失わずにいられるのは、その人生があまりに短いからだ。もしもこの生命が永遠に続くとしたら、きっとすべてが溶けていってしまうのだろう。
 今年も雪が降る。来年も雪が降る。その次の年も。その次も。いまも思い出すあの日の寒さは、一体いつまで忘れずにいられるだろうか。

論理的な愛

 

「あなたのこと愛しているわ」
「僕だって負けないくらい愛しているさ」
 二人の口から紡がれる言葉はお互いの心を存分に焦がしてから、窓の外に広がる闇夜に溶けて消えた。あたりにはまだその余韻が漂い、だんだんと近づいていたはずの冬もくるりと踵を返したかのように、寒さなど微塵も感じなかった。
 ガラス窓を隔てた外の世界には、二人の言葉の溶け込んだ空気が、さらに下を見れば美しい夜の街の景色が広がっていた。彼らはいま街を一望できる展望台の中にいた。展望台はそれ自体が美しくライトアップされた楼閣であり、もちろんその内から眺める景色もとびきりのものだった。
「本当にあなたのことを想っているのよ」
 女はそう言って繋いだ手を強く握る。彼女の薄茶色の瞳は濡れているようだった。眼の縁に溜まる液体の張力は少しずつ増していき、やがて地球の重力に負けたとき、物理法則に従って、美しい曲線を描く白い頬を静かに伝った。
 男は彼女の顔に手を添えると、親指を使って流れた思いの跡を優しく拭った。
「僕も君なしで生きていくことなんて考えられない」
 何ひとつ混じりっ気のない心からの言葉だった。男も女を深く愛していた。
「もちろん私もよ。あなたを看取るのだけは絶対にごめんだわ」
「それは僕もだ。きみより少しだけ先に死ぬことにしよう」
「あら嫌だ。わたしの方が絶対に先よ」
「僕が」
「私が」
 二人で声を合わせてふふふと笑った。それでも口調は真剣そのものだった。相手が自分と同じように思っていることをお互いによくわかっていた。
 頭のなかをぐるぐると回っていた問題が解決し、疑いようのない結論が導かれると同時に、二人は競うようにして宣言通りの行動を実行することにした。
 張り詰めたものが切れるような音を残して、夜の空に二人の身体が舞った。それは物理法則に従って、美しい街の光に溶け込んでいった。

インスタグラムまとめ4

 

チー牛

「メガネ」「オタク」「非リア」「キモオタ」「インキャ」
 これはすべて僕を呼称してきた言葉だ。正確には僕のような人間を呼称するような言葉だった。誰かがこれらの言葉を用いて僕を呼称する時、そこに「僕」という「個」は存在していない。それは「僕のよう」な概念を指し示しているのだ。違った見方をすれば「かよう」な概念に適合する人間が僕であるとも言える。とにかく僕は「僕」ではなくて「気持ち悪い存在」だった。
 僕への蔑称の変化は僕自身ではなくて世間で用いられる言葉の変化が原因だった。カースト下位の存在を揶揄する言葉がアップデートされれば、僕の呼び方もそれに応じる。至極当然のわかりやすい理屈だった。そしてこのたび数年ぶりに僕の呼び名が更新されることになった。ネットミームを発祥とした「チー牛」である。
 実のところ僕はこの呼び方にはあまりピンときていなかった。なぜならばチーズ牛丼がそんなに好きではないからだ。もちろんそんな指摘が本質的でないことも十分に理解している。世間は僕がチーズ牛丼の特盛を食べているかに関心などなく、ただ食べていそうという雰囲気で認識しているようである。それだけで十分であり、めでたく僕は「チー牛」の資格を手に入れるというわけである。そんなことはわかっている。そもそも他者への安易な蔑称というのは、その個人を理解することの拒否だと思うのだ。それは個々人と真摯に向き合い人間性を深く理解しようとするのではなく、いくつかの要素を抱き合わせた概念と対象との間の共通項を見出して粗雑に分類するだけの行為である。
 そしてこれは自分より下級の存在を扱うのにとても良い方法だろう。些末な相手のために大きな労力を消費するのはバカらしいし、またこの行為が事実上マウントをとっているに等しいのだから。
 しかしながら僕はあえて抗うことはしなかった。むしろ流れに身を任せようという気でいたのだった。もはやこの頃ではそんな扱いにも慣れ切っていたし、そもそも僕らと彼らとでは住む世界が違うと思うからだ。お互いの価値観の擦り合わせなど平行線を辿るに等しく、どこまで行っても決して交わることなどありはしない。
「こんな日に女だけとかウチらマジチー牛じゃん!」
 すれ違う爆乳ギャルの言葉に思わず足が止まる。気がつくと拳を固く握っていた。もちろん怒りでぶるぶると震えている。どうしてこいつらは僕たちの世界に土足で踏み込んでくる……?どうして都合のいい時だけそんなに簡単に「僕たち」を名乗ろうとするんだ。お前らの安易なユーモアのために消費される概念の下には死屍累々が眠り、僕のような亡者が数多彷徨っているんだぞ。
 世間の一方的な選別も黙って受け入れてきたが、諦念の末に我が物としたアイデンティティを荒らされることだけは我慢ならなかった。僕は駆け足で牛丼屋に向かい、鼻息荒くチーズ牛丼特盛を注文した。
 くたばれギャル!くたばれ世間!お前らがこんな風に牛丼を食べるか!こんなにも惨めに!こんなにも侘しく!
 丼の半分ほどを一気にかきこむと咀嚼も不十分なまま水で流し込む。添えてあるタバスコをこれでもかと不必要なまでに大量に消費する。いま必要なのはとにかく不健全な刺激だった。
 くそくそくそ!箸の動く速度はどんどんと増していく。とうとう咀嚼の処理能力を超えて溢れ出す。傾けた丼から米がこぼれて落ちていく。滴るタバスコがシャツに赤いシミを作る。それでもまだ足りない。もっと早く!もっと早くだ!もっとーー

 

 

チーズナン(チーン)

 カレー料理屋では必ずチーズナンを注文する。もちろん店によってはメニューにないこともあるだろうが本場の雰囲気を纏った専門店などであれば大抵の場合は用意されている。
 主役のカレーは気分によって食べたいものが変わる。やはり本命はこってりとした甘めのバターチキンカレーだろうか。ゴロゴロとしたひき肉の食感が癖になるキーマカレーも美味しい。ピリリとスパイスの効いた一風変わった見た目のサグカレーも悪くない。メニューを眺めているうちにどんどんと気分が変わっていつも頭を悩ませる。
 ところが主食に関しては即決だ。セットについてくる通常のナンに料金を追加してチーズナンにアップグレードするのだ。ハチミツがついてくるなら尚のこと良い。ナンの切れ目からトロリと垂れ落ちるチーズとドロっとした甘いハチミツを絡ませて食べるのだ。その濃厚で罪深い味わいは一瞬にして口の中を占拠してやがて五感すべてを支配する。もはや夢中になって頬張るほかに選択肢は与えられていない。
 言うまでもなくカレーとの相性は抜群である。カレーの容器にチーズナンを浸すも良し、チーズナンの上にカレーをかけても良し、カレーがチーズナンを後追いして口腔内で邂逅するという反則ギリギリの技もある。いずれにしても到達点は幸福という満ち足りた感情。ただその経路が若干違うだけである。
 なぜかちょっとだけ添えられたライスも嬉しい。やはり日本人であれば米とカレーの共演は見逃せない。人参のドレッシングのかかったサラダが運ばれてくるといよいよ開幕といった感じで全身が高揚感に包まれる。さながらパブロフの犬のように調教されていることに気がつく。もちろんタンドリーチキンは最高の味だ。本当ならこれをオカズに白米を食らいつくしてもおかしくないはずなのだが、それがサイドメニューに落ち着いてるとはどういうことか。そうインドカレーはまさに料理界の銀河系軍団なのである。ナショナルチームの代表選手ですらスタメンから漏れてしまう。飲み物はやはりラッシーだろう。色合い鮮やかなマンゴー味もオススメだが、個人的には純白の輝きで喉を潤したい。そして極めつけはこの謎のシロップに浸された小さなドーナツのようなデザートである。沖縄名物のサーターアンダギーのような見た目のこの料理、地面に落とせば数億匹のアリが群がるほど甘い。十歳程度の子どもが口にすれば間違いなくその日のうちに齲歯が発生するだろう。さらに小さな幼児にに食べさせればそれは当然のことながら重大な犯罪行為だ。なぜだインド。なぜなんだインド。こんなのさすがの僕でも盛大に持てナマステ(持て余すで)。

 

 

チー牛(デュエル編)

「このデッキの勝ち筋は二つあって一つは唯一のクリーチャーカードであるスプライトのドラゴンを強化して殴り勝つプラン、そしてもう一つは墓地に溜めたインスタントやソーサリーの呪文カードを実験的過負荷によって奇魔トークンへと変換しそれをカタパルトしてほとんどワンキルのような形で試合を終わらせるプラン。その二つのカードをゲームの軸として戦うため双方とのシナジーを持つインスタントとソーサリーによってデッキの残りを埋めていくことになるのはほとんど必然なのかもしれない。平均コストはわずか2.2で、プレインズウォーカーである王家の跡継ぎを除けばすべてアンコモン以下のレアリティのカードで構成されていることも大きな特徴。もちろん低コストのカードをメインで構築されるデッキの多くは低レアリティ気味になりがちではあるけれどそれにしても完全にレア以上のカードを排除して構成されるというのは非常に珍しい。土地は21枚であり通常より少な目。特殊土地は不詳の安息地と河川滑りの小道が採用されている。不詳の安息地は詰めきれなかった場合の最後の一押しのための火力として有用。基本土地には氷雪土地が採用されている。このデッキでは不詳の安息地と霜噛みが氷雪のシナジーを持つカードだ。霜噛み、焦熱の竜火、雷猛竜の襲撃が火力除去として用いられている。これらのカードにより相手盤面のクリーチャーを捌きつつ墓地にカードを肥やし、ゲーム後半のカタルシスへの用意をしよう。胸躍る可能性と巧みな軍略は共にドロースペルであり手札の質を向上させると同時に墓地にカードを送ることもできる。さらに墓地にある同名のカード枚数分だけ追加でドローを行うことのできる大慌ての棚卸しも非常に有用なカードだ。胸躍る可能性の手札を捨てるデメリットはこのカードを墓地に送ることで低減できるだろう。そしてこのデッキの最大の特徴は二重の一撃を4枚も採用していることだ。二重の一撃は4コスト以下のスペルをコピーできる効果を持ち、このデッキにおいてはすべてのスペルがその対象となり得る。ドローの効果を倍加しても良いし、除去呪文をコピーして相手盤面を一層しても良いだろう。状況に応じて柔軟な対応ができるのがこのカードの魅力だ。そしてこの効果が最も強力に働くカードがクリーチャーの攻撃力を倍増させる憤激解放だ。対象のクリーチャーのパワーを4倍にするという恐ろしい効果は、スプライトのドラゴンを召喚したターンに最低12点の火力に変換してしまう。これをカズールの憤怒で投げ飛ばせばワンキルの完成というわけ。そしてそれは決して可能性のほとんどない夢物語というわけではない。豊富なドロー操作を行えるこのデッキでは十分に実用の範囲だ。もちろん実験的過負荷により生み出した強力な奇魔トークンを、実験的過負荷により墓地より釣り上げたカードで強化したり投げ飛ばすといった動きも出来る。ゲーム中盤であれば火力呪文を呼び込み相手の攻撃を遅らせることも可能であり、攻守両面に対応可能だ。サイドボードは打ち消し呪文を中心に採用している。相手がコントロールやランプといった低速のデッキであった場合は一枚のカードを通すことが致命的となるため赤の火力カードの代わりに青の打ち消しカードでその存在すらを根本から否定しまう方が良いだろう。またコントロール対面で火力呪文を使用する場合には直接顔面を狙うことのできるショックのようなカードのほうが好ましい。そしてこのリストで見逃せないのが影槍を採用していることだ。強力なアーティファクトで知られるこの無色カードは星界の大蛇、コーマのような打ち消しにも火力にも対応してくる厄介な相手に無理やり弱点を作り出すことができる。決してメインから投入すべきではないが、もしも二戦目以降にこのカードが飛び出してきたら相手はきっと眼を剥くに違いない。さてここまでデッキの内容の解説をしてきたけれどこのデッキの明確な弱点は墓地対策をされてしまうことだ。軟泥漁りのようなカードであれば早い段階の除去で対応できるが、エルズペスの悪夢のように墓地全体を追放してしまうようなカードにはお手上げする他にない。だいたいこんな感じだけど他に質問ある?」
『ううん大丈夫』